突然ですが、かぼちゃです。

突然ですが、かぼちゃです。

すこぶる元気なADHD野菜のブログ

本当の「自由」という事を本気で考えてみたら、いつの間にかご飯を食べていた。

本日は8月なのか?と思うくらい涼しい栃木県内。

とてつもない勢いと千鳥足のような進路を取る台風5号の影響でしょうか。

 

 

ちなみに台風には一つ一つ名前が付くみたいですが、アジア名で今回は「ノルー」。

韓国が用意した名前で、意味は「ノロジカ(鹿)」というらしいです。

2013年9月に日本が用意した「ウサギ」という可愛らしい名前の台風があったのですが、観測された中でもえげつない勢力かつ巨大な台風だったのを覚えています。

 

ゲームで物の擬人化、歴代の英雄のイケメン美少女化が流行っていますが台風の擬人化とかアリとちゃうか?無いか。

 

くだらない事で小一時間くらい本気で考えてしまう。橙田かぼちゃです。

そろそろ更新しようかなと思っている私の正体はコチラ↓

 

kabotyatotuzen.hatenablog.com

 

という事で、もうすぐ私は退職して晴れて自由の身になるわけですが、本当の自由とは何ですかね?

もう「人間」である以上、いろんなものに縛られているような気がします。

 

なので、「自由」という意味を学生時代から愛用している国語辞典で調べてみました。

 

【自由】(名・形動ダ)

①思い・(心)のまま。

②制限を受けない・邪魔されないこと。

③資本主義の世界、または全体主義の世界の制約からはなれていること。

④[スケートで]フリー。

引用:三省堂 国語辞典 第四版 512Pより

 

う~ん・・・

①は分かります。精神的開放です。

②私達が一番欲しているものですね。

③おお、いわば世捨て人ですかね。しかしハードルの高さは半端無い。

④羽生選手しか思い当たらない。次のオリンピックでも是非金メダルを取ってほしいです。

 

いわば制限が無い、という事が基本のようです。

でも人間に生まれた以上は何らかの制限がありますね。

 

かの喜劇王チャールズ・チャップリンがこんな名言を残しています。

「死と同じように避けられないものがあるよ。それは生きることなんだ。」

 

人間は生きることと寿命までの時間の制限というものに生まれてきたときからくっ付いてきます。

人間だけには関わらず、生きとし生けるもののと基礎でですね。

 

私自身も退職したら、これからどう生きていいのか、とそればかり考えてしまいます。

ゆっくり考えるとはなんだったのか。

 

そんなことでモヤモヤしていたら母から「ご飯だぞー」という言葉で、いつのまにか考えることをやめてました。

今晩のご飯は内容は自家製トマトとバジルのサラダ、ごまだれをかけた冷しゃぶ、自家製キュウリの漬物、自家製ナスとピーマンの炒め物。

とっても美味しいです。ありがとうございます!

 

そしたら、気づいてしまいました。私の主観ですが。

ご飯を食べる瞬間が一番、制限に縛られない「自由」であり「幸福」なのだと。

 

ご飯ってすごい!

食べると元気になるし、精神的な安定を手に入れられるし、気分が最高にハイッ!になるんです。

 

料理には規則とか制限がない。

レシピ通りでもいいけど、創作するのもいい。(味はともかく・・・)

可能性が無限の「自由」が目の前にあったのです。

 

まさに灯台元暗し。当たり前が当たり前ではなかった事に気づきました。

気分が上がってしまった私は珍しくおかわりです。

いや、毎日おかわりしてますが。

身近な自由というものに気づいて、少し気分が軽くなりました。

 

思えば私は「自由」とは何か、などという考えにすでに縛られていたのですね。 

ご飯食べたらとんでもなく下らない事だったと気づいたのです。

複雑ぶっていたのですね。柄にもない事はやめよう。

 

今回の総括ですが、ご飯は自由の象徴だ。

楽しく作って、楽しく食べましょう。自由の始まりはそこからです。

作るのが苦手な人はコンビニ飯でも、ホットモット弁当でも、すきやの牛丼でもいいのです。

 

「だって、それが好きだから」

何食べようと、それは人の自由です。

そんな理由だけでも、少し人間に課せられた制限から少しでも抜け出せる気がしません?

好きなものを選び、自分の血となり肉にすることが最初にして最小限の自由なのだと思いました。

 

本当の「自由」という事を考えてみたら、いつの間にかご飯を食べていた。

相変わらず突拍子ですが、これでも真剣に考えていたんですよ・・・

 

これからも少しづつ、小さな幸せと自由を見つけて気づきながら人生を見直していく。

そんなことを続けて、前に進んでいこうと思います。

 

さて、ご飯の話ばかりでしたが、今日はここまで。

明日は金曜日だ!週末だ!

土日先輩を迎える準備は出来てるぞ!

 

それでは、また明日!