突然ですが、かぼちゃです。

突然ですが、かぼちゃです。

すこぶる元気なADHD野菜のブログ

随刊かぼチャレンジ1年生②~初心者が全く知らないまま宝くじのにわか知識を手にいれたらこうなった~

私の家の近くに長い坂があるのですが、中学生くらいの男の子3人がロックを大声で歌って坂をとんでもないスピードで降下していったら、ブレーキがきかずにそのまま茂みへ突っ込んでいました。

3人には大事なく、そのままあっさり笑いながら去っていきました。

 

 

夏休みですねぇ。

 

 

橙田かぼちゃです。

お客様はかぼちゃだと思えと幼稚園のお遊戯会で言われていたのに、じつは自分がかぼちゃだった、そんなヤツの正体↓

 

kabotyatotuzen.hatenablog.com

 前回に引き続き、かぼチャレンジ「宝くじ編」です。

 

ネット検索で「高らかに~」が検索ワードに入っていた事に日本人の国民性を疑ったところで、あまりの宝くじ売り場の多さに挫折しかけた根性なし野菜。

 

ですので、ここは毎日スクラッチ報告とパチンコ報告をしている(聞いてもいないのに)同僚の30代男性に電話で直接アドバイスをもらう事にしてみました。

仮に彼の名前をS君と呼ぶことにします。

以下が電話の内容です。

 

(よく知らないラップの着信音がしばらく続く)

S君「もしもし、かぼちゃさん?」

ドンジャンバリバリガラガラバラバラバラ!!!

 

かぼちゃ「(うるさっ!?)あー・・・かぼちゃです。ちょっとお話が」

 

S君「うあっ!ちょっと待って!」

 

~数分後~

 

S君「おまたせ(息荒い)。何か用?」

 

かぼちゃ「宝くじってどう買うの?」

 

S君「・・・え!?」

 

そりゃそんな反応するわな。ギャンブルに縁遠い人間だと思われていた(推測)のにこんな質問されて頭の整理がつかないですよね。

でも彼はしっかりと教えてくれました。

 

・宝くじ売り場を選ぶなら、最寄でもいいし高額当選の多いところがいい。

ざっくりいえば自分が「ココ!」と思った売り場が良い。

・連番、バラというものがあり、サマージャンボ普通(7憶円)にはミニ(1憶円)、プチ(100万円)の3種があり、どれも1枚300円。

・ミニとプチは当選確率が普通より高め。

 

かぼちゃ「・・・な~る(分かってない)。で、チミは1回につき何枚買ってるの?」

 

S君「いつもだいたい連番10枚、バラ20枚だね。」

 

かぼちゃ「ほう(連番10か)。結構買ってるんだね。」

 

S君「そうでもないよ。あ~、なんか話してたら俺もミニ買いたくなってきた・・・あ!もう戻るね、そんじゃ!」

ドンジャンバリバリガラガラバラバラバラジャジャジャジャ

プッツ。

 

前回運命が変わるなんて書いたが、あれはウソだ。

莫迦め!ウォーレンは死んだわ!

 

でも基礎は何となくわかりました。

番号が並ぶ連番、番号が揃っていないバラというのがあるのですね。

ミニ、プチというのもあるのも知りました。ちょっとワクワクしてきたぞい。

 

その後は肝心の売り場選び。

・・・小一時間考えて、そういえばいつも目に入る売り場がありました。

そこはとある大型百貨店の一角にある宝くじ売り場。

いつもは本と服を買いに行っているのですが、なんだかいつも目に入るような。

変に運命的なものを感じて、そこに行くことにしました。

 

そして大型百貨店の前に付き、いざ、

本屋へ!!!

いやぁ・・・本屋ってよきかな、よきかな。マンガを含め5冊も買っちゃました///

いや、そうじゃねぇよ。宝くじ売り場だろ。早く行けよ。

 

で、本を片手に宝くじ売り場へ。

実はS君と話していた時、私は大きな勘違いをしていたのです。

 

連番10枚を10組と勘違いしていました。

S君は連番10枚、バラ20枚で合計30枚という事を言っていたのです。

そしたら私の勘違い上では、彼は連番だけ100枚で3万円相当を買っているということになります。

そこにバラ20枚、120枚で合計3万6千円。

やはり賭け狂いのプロは違うな~と思いました。

その時点で気づかない私自身もすごいと思いました。

 

「120枚か・・・何か中途半端だな。区切りよくドーンと200枚にしよう、そうしよう」

と即断即決。なんと6万円ですね。

 

高額ですがたとえ全て当たらなくても、まあ、これが公共物や災害が起きている地域への貢献に携わるのであれば構わないかな、そんな感じでした。

思えば私の通っていた学校も校門の壁に「宝くじの収益によって建てられた」と看板が設置されていたので、貢献だと思えばいい。

多分、これが最初で最後の宝くじ体験になりそうなので。それくらいの思いで臨んだほうが気持ちは軽いです。

いや・・・今思えば6万円ってどれだけ本を買えたんでしょう・・・馬鹿ですねぇ。

 

そして例の気になる売り場に初めて行きました。

中には40台程の眼鏡のお姉さまがいらっしゃったので、勇気を振り絞って話かけました。

 

かぼちゃ「あああああの!ここ、宝くじ売ってますkhvhjjfdj!?」

ひぇっ、出ました、得意のプライベートコミュ症!

心臓がドンジャンバリバリガラガラバラバラバラ動いてました。

仕事中はそんなことないのに、なんでプライベートではこうなるの、かぼちゃ分かんない。

 

でも、眼鏡のお姉さんは「はい、宝くじはここですよ!(ニッコリ)」と笑顔で迎えてくれました。

女神や。まごうことなき女神だ。

その時点で全私が号泣しそうになりました。

 

今日はとりあえずここまで。

さて、楽しかった日曜日も終わり・・・

て、もう0時過ぎて月曜日大魔王の復活じゃないですか!?ヤダーっ!!

時差ボケはカンボジアまで(?)って決まってたじゃないですか、全く!

 

続きはまた明日・・・というより今日ですねぇ(遠い空を見てる)

それでは、おやすみなさいませ。