突然ですが、かぼちゃです。

突然ですが、かぼちゃです。

すこぶる元気なADHD野菜のブログ

若者に多い「何か楽しい事ないですか?」問題について

誰だ!?

何者だ!?

 

今日、張り切って野菜たっぷりの塩ラーメン作ってアゲアゲ気分で運んでたら転んで熱々のラーメンを父親の膝にぶちまけた私だよ!!!

 

橙田かぼちゃです。

ゲームのスカイリムでは膝に矢を受けたら衛兵の道を選ぶしかないですが、私から熱いお茶とか料理とか膝に受けたら私を怒るっていう道しかないんですね。

不思議ですね。

 

そんな足元おぼつかない系野菜の正体はこちら↓

 

kabotyatotuzen.hatenablog.com

 

 

では本題。

本日は最近若い方からよく聞く言葉。

「何か楽しい事ないですか?」という質問についてです。

 

そんなのこっちが聞きたいわぁい!!

と、思いますが、その質問をする若い方達は「今の現状が全く満足できずに不満がある」と鬱憤を溜めている、少し精神的に危険な状態だといえます。

 

毎日同じような時間に起き、同じ時間に家を出て、同じ環境、同じ空間で勉学や業務に勤しみ、そして終わったら家に帰ってスマホSNS、ゲームをして、同じような時間に寝る。

休みの日も疲れてゴロゴロしてる。

そしてまた次の日も次の日も・・・

 

毎日そんな風に過ごしていると聞いていると「あ、それはつまらないね」と言ってしまいます。若い時に同じ経験をしているので、「何か良いことないかな~」と口からこぼしてしまうことは何度もありました。

 

でもその時、ふと思ったのは自分は他の人や物に対して託しすぎなのではないか?ということでした。

受動的なのは本当に楽ですが、やはり自分が思った以上の成果を得られずに鬱憤は溜まるばかりですね。

じゃあ能動的に行動せよ!と言われても「何したらいいんだよ」と思いますよね。

 

いきなりジェット機に乗ってみるみたいな高難易度なことは不可能ですので、まず気分転換という簡単な方法がありますよ。それが能動的行動の第一歩です。

まずは私がやってみた毎日が楽しくなる方法を拙いながらも4つご紹介いたします。

 

 

 

1.学校、会社に向かう道順を変える

いつも同じ順路って同じ景色なのである看板やお店を見てしまうと「これから会社(学校)か・・・」と気が滅入ってしまいがちです。

なので、電車通勤の場合は思い切って一つ前の駅から降りて歩く。またはいつもと同じ駅に降りて遠回りになっても普段通る道を変えてみる。という事をお勧めします。

すると意外な発見がありますよ。

「こんなところに新しいお店ができてる」「よくわからないオブジェがある!」「ココにレトロな喫茶店があるな」と、違う景色が見えてきます。

私は車通勤ですが、会社まで行くのに順路は8パターン用意してます。

「今日はここを通るか」と思っただけでも気分は変わりますし、思いがけないインスピレーションが突然降りてくることもありますよ。

(実はジョジョの奇妙な冒険を描いてらっしゃる荒木飛呂彦先生の真似をした、というだけなんですけどかなり効果はありました)

 

 

 

2.新聞を読んでみる

「普段から読んでるんですけど・・・」という方、それは最初の大見出しだけしか読んでいませんか?

政治関係、金融関係等、社会に関する記事を読み、世界情勢を知ることはとても重要で大切なことです。

でもそのページの下、何だか小さい記事で「〇〇展、△△美術館にて開催」「短歌、俳句作品募集」「〇〇についての講演会開催日」など、結構細かくイベントや作品募集を呼び掛けしてるんですよ。参加せずとも小さな発見としてこんなことやってるのかと俯瞰で見るのもいいし、作品送ってみようかなと行動に移すのもいいですね。

同じ新聞だけでなく、コンビニで全然読まないようなジャンルの新聞を買って読むのも面白いですよ。政党新聞はそこに所属する議員達がどんな社会貢献を成そうとしてるのか知ることができますし、AKB新聞には全ての記事に度肝を抜かれますし、地方新聞は心がやんわりするような記事も載ってます。

過去に風俗新聞を試しに読んだ事がありますが、同性の私から見たら笑いが止まらないものばかりでした。(買った時、キオスクの店員さんが訝し気な目で見てました。自分の行動には責任を持ちましょう)

違う所に目線を移すのは楽しいですよ!

 

 

 

3.少しでも興味をもったらやってみる

「ハンドメイド」という言葉に目がいったらやってみてください。そこに男女は関係ありません。道具は100均で十分揃います。編み物でも縫い物でもド下手だろうとやってみてください。意外にハマることもあります。

「写真」という言葉に目がいったらやってみてください。インスタとかTwitterとかSNSに載せることは考えず、デジカメでもiPhoneでもチェキでも写ルンです(知らない人多いかも)でも媒体はなんでもいいんです。とにかく撮ってみましょう。もしかしたら自分の中に隠れていた審美眼が開花するかも。

「神社、お寺」私が好きです。聞いてない?あ、スミマセン。足を運んで景観を眺めたりしてるだけです。なんだか空気が違う感じがしてそこから各寺社を巡るようになるなんてこともありますね。

「散歩」でも十分です。歩いてみましょう。今まで見ている景色なのにゆっくり歩いてみると何でもなかったことが違うものに変わる瞬間があるんです。不思議なことに。

本当にちょっとしたことでもいいのです。誰かに褒められたいからとかではなく、誰かに承認されたいからとかではなく、自分の思いついた範囲内少し動いてみる。

自己満足でいいんです。スタートさせると思いがけず色々なことに結び付く可能性がありますよ。

 

 

4.嫌なことは止める、辞める、捨てる

これ、一番重要なことかも知れません。

最近、躍起になって簿記の資格を取ろうとしたのですが、最近色々あって問題集を開くのも億劫になってしまいました。なので一回封印!箱にしまって、心身ともに落ち着いたら再開しようと思っています。期限は設けません。

私のように仕事を辞めろなんてことはさすがにお勧めはしません(笑)

ですが日常でSNSのやり取りで嫌なことがあった、ゲームが上手くいかない、続けていた趣味がつまらなくなったと思ったらスッパリ辞めましょう。心の切り替えは大事です。

1年以上着ていない服、靴、バッグは全て捨てました。未練を断つ。すると「なんでこんなの残してたの?」と自分が持っていた余計なものに気づくんです。断捨離って面白いですよ!

 

 

 まとめ

 バタフライエフェクト論みたいに、ちょっとしたことが世界を変えるわけではありませんが、自分の世界観を変えるのは案外簡単だったりします。

これが100%楽しめる方法ですよということではありませんが、少しずつ自分の行動を変えてみるのが楽しさの第一歩だと思います。

自分なりの楽しみを身近な所から見つけてみましょう!

 

 

これで本日は以上です。

明日が楽しみだと言える若者が多くなる事を願ってます。

 

それではまた明日ー!!