突然ですが、かぼちゃです。

突然ですが、かぼちゃです。

すこぶる元気なADHD野菜のブログ

ブラック会社に追いかけられたので逃げ続けたら1週間経ってた話

残念ながらアナタのお使いの端末は正常なのと、タイトルは実話です。

 

お久しぶりでございます。トーダ カボチャです。

無事生きて帰ってきました。メンタルのライフはほぼゼロですがね。

 

例のブラック会社

 

www.kabotyatotuzen.work

 

こちらの会社、9月一杯までは有給消化ということで一応在籍という形になっていたのですが電話とメールの問い合わせが1日に10件~20件とありまして、イヤになったので9月25日から27日の連絡を完全無視しました。

保険証を郵送すれば全て終わりだったので10月まで無視しとけばいいかと思ってたのですが、最後の最後で「怖い会社」はとうとう本性をあらわにしました。

 

それでは1週間逃亡生活どうでしょうのダイジェストです。

お暇潰しにどうぞご覧ください。

 

・9月27日の午後、近所に住む元上司(定年退職済み)が何故か家に来る

・母が出てくれて(私は居留守)話によると何故か私の事を心配していたようだが、どうやら会社が私の心配というより連絡を取らないのは何故かというのを元上司を利用して様子を見に来たらしい

・母は元上司にお互いあの会社は辞めてるのだから関係ないと門前払い

・その様子を隠れていた所から見ていた私は「逃げよ」と決意

・母と弟にしばらく家を空けることを伝えると会社からの連絡をブロックしてお泊りセットをバッグに入れて自転車で家を出る

・うっかりブロックしていなかった元上司から着信があった、ヤバイ

・というか、元上司が会社に利用されていると気づかずに会社に信用されているから義務として様子を見に来た勘違い感が出てる。ヤバイ

・電話は出ていないが、直後に実家の電話に会社の着信があったと母から連絡が来る。マジでヤバイ

・出なくていいと伝えて、とりあえずバスで宇都宮市に向かう

・宇都宮のビジネスホテルで4日間過ごすことにした

・宿泊1日目の夜、ビジネスホテルの近くのコンビニに行ったら、何と会社の部長がいた

・というか、見つかった

・逃げた

・無我夢中で逃げた

・ホテルの逆側に向かって逃げたので場所は特定されていないと思う

・というか逃亡のためにわざわざ県内のホテルに泊まるのは私くらいしかいないと思う

・そう思うと泣ける

・ビジネスホテルに逃げ込んだが、直後に実家の電話に部長から連絡があったと母から連絡が来る。ヤバイ、もういい加減にしろ

・次の日、ホテルの周りを索敵。部長はいない、良かった

・その次の日、街を歩いていたら会社にいた頃に毎日お世話になっていた運送会社のドライバーさんにばったり出会う。良くなかった

・「結婚して引っ越したんじゃないんですか!?」と大声で言われ泣きそうになる

・理由を伝えると「マジすか~(^^)」と笑われる。泣く(^^)

・ドライバーさんに絶対に会社に私の存在を伝えない事を約束する。ちゃんと約束は守ってくれている

・私が逃亡していた4日間、実家に会社から電話があったようだが在籍最終日の最後の電話は「諦めます」と留守電に入っていたと母から連絡があった。何を?

・私が逃亡していた4日間、元上司が1回だけ来たようだが母が門前払いと言う名の塩を撒いてくれた。もう来ないだろう

・10月1日午後14時頃、実家に帰る。眩暈と動悸が激しくて寝込む

・本日の午前9時、精神科で診察。自律神経失調症と診断され生活リズムを整えるように促される。でもとうにリズム感は私の中で死んでいるの

・PC、スマホ、全て確認する。会社からの着信は32件、メールは51件。キツイ

・ブログを確認したら最新記事から1週間も経っていることに気付く

・泣く(^^)

・動画を見ようとする。サーバルちゃんに癒されようとする

・監督降板で炎上騒ぎになっていた

・泣く(^^)

 

とんでもハードな1週間を送りました。ありがとうございます。

おかげで母も「あの会社おかしい!」と鬼のような形相で楽しく過ごせたようです。

お腹いっぱいです。勘弁してください。

10月に入ったので流石にこれ以上は何もないと思いますが、何かしようものなら弁護士を頼んで六法全書を持った私と母とではただの物理的解決の方向になってしまうので法学部出身の兄が徹底抗戦する心算です。

よろしくお願いいたします。

 

以上、私のブラック会社生活最後の1週間でした。