突然ですが、かぼちゃです。

突然ですが、かぼちゃです。

すこぶる元気なADHD野菜のブログ

就業ができない話

どうも、絶賛健康的生活謳歌人間関係皆無友人皆無ゲーム中心無職中。

橙田かぼちゃです。

 

来月には就業しようとハローワークとか求人広告とか求人サイトを巡って、面接も2回行ったのですがダメでした。どっちもお目当ての人材ではなかったみたいです。

でも気は落ちないし、むしろ無職になってから精神的に元気になっていくばかりなんですけど、どういう事でしょう?

 

 有給消化にも関わらず束縛系彼氏の如く毎日10件から20件の電話とメールで拘束してきたブラック会社から解放されて2週間。

全く連絡は来なくなったし、近所の元上司が覗きに来ることも無くなって私は本当の自由を手に入れました。

次は絶対ホワイトっしょ!みたいに意気込んで求人広告を眺めていたのは最初の3日間のみ。

4日目にはなんかもうずっと無職でいたい。そんな思いになりました。

 

もちろん金銭面で心配があり、さすがにずっと無職は無理なのは重々承知なのですが広告に並べられた≪急募≫の文字を見るだけでブラック会社の楽しき日々がフラッシュバックします。

傍若無人を個性と捉え、責任から残業まで個人の自由にさせていたある意味心の広い前会社も毎回≪急募≫の求人広告を出していた事を。

大体は過酷な労働に耐えられず人がどんどん離れてしまい、てんやわんやして求人を出していたのだけなのです。それが≪急募≫の本当の意味でした。

「高収入、福利厚生はしっかり、アットホームな雰囲気です★」みたいな求人内容なんですが、就業後にはそれは全て嘘でしたとネタ晴らし。そして騙された事に気付く人から次々と辞めていく。もうこの流れはテンプレです。

 

そんなテンプレブラッキーな会社が田舎には横行している事実に「ごじゃっぺ!!」と求人広告にツバを吐いてゴミ箱に捨てた訳なんですが、これはさすがにヤバイ。

もし法律でブラックだと分かった時点でその会社は粉微塵に潰れなければならないというものが出たら求人広告は真っ白になってしまい、この地は焼け野原になってしまうくらい労働環境が整っていない所ばかりでした。

ついでに働く場所が少なすぎるんです。まあ山の中だし。

で、最後に残っていたのはアルバイト、パートで「ビル内の掃除」「トイレ掃除」「デリバリー(一般的)」「デリバリー(意味深)」でした。末法かな?

どれに就業しても(意味深以外は何とか)乗り切れるとは思うのですが、気が全く進みません。

 

と、ここまで就業できない理由をつらつら述べましたが、何か違う。

そう自分の気持ちを分析し続けると根本的なことに気付きました。

 

私は、ただ働きたくないだけなのだと。

 

そっかー!と納得すると次の瞬間にはリポビタンDを飲んで全力で寝てました。

ドリンク剤を飲んでも寝られる自分の新たな能力に驚きましたので、履歴書の特技に記入しておこうと思ってます。

でも働きたくないものは働きたくない。眠っていた反骨精神が目覚めちゃったみたいでちょっと苦戦してます。

今までは「働きたい!」と思ってたのですが、そんな気持ちはどこに行っちゃったのでしょう?ツバと一緒に飛んでいったのかな?

母や近所の方々、親戚からはもうちょっと休んでもいいんじゃないの?と優しい言葉がありましたが甘やかすなや~~~!本当に甘えちゃうよぉ~~~たぶん40年くらい!という感想です。

腰を落ち着けてしまうとなかなか立ち上がらない自分の本性くらいは分かっているのでケツぶっ叩いて行かないと、と気持ちを改めて今日も求人サイトを覗きます。

紙広告だとまた「ごじゃっぺ」をやりかねないので。

 

でも「デリバリー(意味深)」を一般の広告に載せる求人会社ってなかなかファンキーですね。

この求人会社の求人やってないかな?